忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

℃-uteのラジオを文字にしています。

お便りコーナー その1

改めまして、こんばんは、℃-uteの矢島舞美です。
今夜も、ラジオの前のみなさんと、楽しみながら、お送りしていきたいと思います。
それではみなさんから送られてきた、素敵なメッセージをご紹介していきましょう。
ラジオネーム、さかたのろーずさんからいただきました。

『舞美さんおじゃまいみ~』

おじゃまいみ~。

『3月のテーマ「卒業できな~い!」に投稿します。
自分は今の会社に入って1年経ちましたが、安定した会社に入っても、
プチ無駄遣いからは卒業できません。
ちょくちょく貯めていても、欲しいものがあったりして大変です。
例えるならば、趣味で始めたフィギュア作りのための材料費や、その他諸々。
でもやめたくないし、やめれないのが現状です。
舞美さんは無駄遣いしないための工夫って何かありますか?』

なるほど、ねー、いるよねー、そういう感じ。
結構たぶん多いんじゃないんですかねぇ、そういう人も。
でも、そうだな私は、工夫かー。
私あんまりでも、物欲がない。
でも、ナルチカツアーが始まると、いろんなとこ行くから、
お土産をすごい買っちゃったりして、
私なんか買いすぎて、賞味期限が間に合わないみたいな、結構あるんです。
だから「こんなに買ってこなくていいからね」ってすごい(笑)、
たぶん母は、ありがとうって言わなきゃいけないけど、
でもさすがに買いすぎだな、みたい思ったらしく、そう、言ってきて、
ちょっとね、減らさなきゃって思ってるんですけど、
でも私自身もすごい食べたくなっちゃって、北海道のときとかはもう本当に、
てんこ盛りに買っちゃって、全部冷凍保存ですけど、
そう、もう冷凍庫に入らなくなっちゃったもん(笑)。
でもね、北海道のものって本当おいしいし、北海道に行って買うことってないから、
なかなかね、だから、そう、ついつい買っちゃうんですよね。
そういうとこではすごいお金使っちゃうかもなー。
でも、あれらしいですよ、聞いた話によると、とりあえず全部貯金して、
そっから使っていくっていうタイプの人?はあんま貯まらないらしくて、
なんか、今月はいくらまで使う、っていうスタイル、
あーなんていうんだっけな、なんだったっけな、なんかそうらしい。
なんか、その、例えば、お給料が入りました、ってなって、
そこから、いくらは使う分、いくらは絶対にこう、使わない分、みたいな、
使う分を決めて使える人は、お金が貯まる人なんですって。
だからこう、とりあえず全部貯金!みたいな人はあんまり、そう、貯まらないらしいので、
ぜひね、いくらまで、もうどんなに、フィギュア作りのためにお金使ってもいいけど、
使える額をもう決めておけばいいんじゃないですか?
したらたぶん、貯まっていくんじゃないかなーって思います。
でもね、趣味があるのはいいことだと思いますよ。
人生楽しいし。
いいなって思います。
私も、多趣味というのかな、すごいなんか、あ、まあ、そうだねぇ、
いろいろ、やるのは好きだけど、すっごい没頭するものって、そんなにないと思うから、
だからみなさんもねぇ、すごいうらやましい。
℃-uteの、team℃-uteのみなさんもすごいうらやましいなって思う。
何かにこう、わぁーって熱くなれる感じはすごい、うらやましいなって思うので、
はい、人生は楽しく、でも、上手にお金を貯めて、はい、困らないようにしてください。
ありがとうございます。

続いては、ラジオネーム、どら@へびどしさんからいただきました。

『3月のテーマ、卒業できないことですが、17年前にパソコンを初めて買って、
4台目のパソコンですが、パソコンとインターネット依存は、もう卒業できません。
趣味はドライブに行くことなんですが、ドライブするルートを選ぶときに、
ネットで地図のサイトを見て調べます。
ネットで出る前は、全国地図を買ったとしても、細かく調べきれなかったのですが、
調べやすくなりました。
さらに飛行機を使ってドライブしたいところの最寄りの空港まで行って、
レンタカーを借りてホテルに泊まる場合でも、飛行機・レンタカー・ホテルとも、
全部ネットで調べてネットで予約するので、ネットができてから遠出がしやすくなりました。
ドライブで撮った写真と動画は、パソコンに保存してるので、
依存となんだと言われようが卒業できません。
他にはradikoプレミアムでラジオを聴いてお便りをメールで送るので、
どの趣味でも、パソコン・インターネット依存は卒業できません』

便利な世の中ですよね。
昔の人って、すごいな、どうしてたんでしょうね、なんか本当、
でもねぇ、私も、両親が、みんなで旅行行こうっていうときに、
大きいぶ厚い地図?の本、開きながら、あーだこーだ言いながら、
連れてってくれたのすごい覚えてる。
けど今じゃね、下調べしてパソコンでね、みんな行きますもんね。
でもいいんですよ便利なものは使っていった方が、その方がね、時間も有効に使えるし、
いいんだと思います。
この前、たまたま、私たちのメイクさんのお話なんですけど、
久しぶりに実家に帰ったら、ポケベルが出てきた、みたいな話になって、
ポケベル!って思って、私はまだ実物見たことないんですけど、
でも、ね、そのメイクさん世代はたぶんポケベルがすごい流行ったらしくて、
ポケベルって、番号で会話するっていうの知ってたんですけど、
でも、番号にならない、例えば、「行くよ」は、「194」でしょ?
行くよって、194って打って、あとはなんとなく読み取るんですよね。
書き切れない場所は、なんとなくこう、考えて読み取ったりとか、
あとは、その、1を何回押したら「え」とか、なんかそういう感じだったんですよね。
なんかそういう感じだったらしくて、そういう話を聞いて、
えーそういう風だったんだと思って、
しかもその、なんか、ポケベル、みんな公衆電話に並んで、その、
ポケベル、送りたい相手に、なんていうの?
ポケベル会社みたいなやつつないで、送りたい相手に送れるように?
だから、そう、休憩時間が、お昼休みとか、休憩時間がすごい、
「公衆電話に行列ができてたんだよ」みたいな話をされて、
あ、ポケベルってそういうものだったんだ、みたいな、すごいね、びっくりしたんですけど、
そう思うと、今の時代は、すごいなって思いました。
なんかメールですら、すごい便利って思ってたのに、
これを超えるものはないなって思ってたのに、今じゃLINEって、もう、
そのままポンってもう、すぐに届くものが、さらに来ちゃってるから、
すごい時代だなーと思って、
だから、この先、未来はまたどうなっていくか、すごく、楽しみですね。
いやでも本当に、いいですね、こうやってインターネットとか、
使いこなせるからいいと思うんです。
私本当にねぇ、パソコンとかインターネットとか、ちょっと苦手なんで、
できる人はうらやましいなと思います。
でもね、できる人が周りにたくさんいるからいつも甘えて、「お願い調べて」みたいな、
なっちゃうんですけど、はい、私もね、大人に、なっ、
もう大人になったらっていうかもう大人なんですけど、ちょっとねぇ、
困らない程度にはできるようにはなりたいなとは思いますね。
ありがとうございます。


レッツトライ

リクエスト:宇宙語

【演技】

(宇宙語をしゃべりました)

【演技後】

ちょっと、なんだろう、あの、トモダチコレクションっていうゲームやってたんですけど、
それのしゃべり方に似てて面白いって自分でちょっと、自分で言うのもなんですが、はい。
まあ伝わるか伝わらないかなんてねぇ、わかんないですしね。
あとはもうジェスチャーですよね、ジェスチャーで頑張るしかない。
でも実際に会ったら怖いと思う。
どんな生物かわかんないけど、それこそなんか、ちっちゃいもう本当に、
虫みたいな生き物かもしれないし、どんな生物かわかんないけど、
なんか変な光線とか使ってきたらどうしよう(笑)。
ね。
でも本当、むこう、あ、ねー、でも、そっかー、え、NASAが、どうやって発見したの?
どうやって、何光年、え、どうやって行ったんだろう、どういうことなんだろう。
あ、行ってはいない?(笑)
あ、行けそうかもみたいな?
なるほどね。
すごいな、こういう、こういうのもすごいよね、どんどんどんどんこう、知らない、世界が、
宇宙にはあって、もし、何らかの形で、ちょっと遠目からでもその、
今の惑星を見ることができたら、むこうからしたら、私たちのあれがUFOになるんですもんね。
どっかから来た、みたいな。
なんか、なんか、変な乗り物でこっち来たやつがいる、みたいになるんですよね。
すごいなー。
ね、実際、どうなんだろう。
UFOの目撃情報とかたまにあるけど、本当に、宇宙から来た人たちが乗ってんのかな。
どうなんでしょうね。
いろいろ、宇宙の謎は深い。
だから面白いんですね。
ありがとうございます。
ということで、いかがでしたでしょうか?
来週も、みなさんから送られてきたキャラクターに、挑戦したいと思いますので、
どんどん送ってください。


あのころの1ページ

このお時間は週替わりでお送りしていますが、今日は私たちの曲、
『Singing~あの頃のように~』にちなんだコーナー、あのころの1ページです。
過去、みなさんの身に起こった印象的な出来事、ターニングポイントとなった出来事、
思い出をメッセージとしてお送りしていただき、矢島がゆっくりと、
ゆったりとご紹介していこう、そんなコーナーです。
今日はですね、ラジオネーム抹茶プリンさんからいただきました。

『舞美ちゃんこんばんは』

こんばんは。

『3月に入ってまだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
あのころの1ページのコーナーにメールします。
自分が℃-uteのファンになったばかりの頃に、
イベントで知り合った方に言われた一言にすごく影響を受けました。
「今行っとかないと、次があるとは限らないよ」
今から思うと、もしかしたらメジャーデビュー直前に℃-uteに起こった出来事を茶化して、
言ったことだったのかもしれませんが、当時から京都に住んでいた自分が、
℃-uteのイベントとかコンサートでいろいろな場所に行くきっかけになりました。
ついに今年の6月には、本当に次がなくなってしまうのかと思うと、
ちょっと寂しく感じますが、最後までこの瞬間を楽しんでいけたらと思います』

そうですねー。
いや本当にそうだと思いますね、私も。
なんか、今年かな、今年に入ってから、芸能人の引退話とか、
解散とかもすごい多いじゃないですか。
なんか、ね、この1年の中に何が起こるかわかんないな、みたいな、
まだ、3月ですけども、この3ヶ月の間でも、いろんなそういう、
引退とか解散とかすごい多かったから、
ね、なんか、いつでも、当たり前と思ってたものって、
いつこうワッてなくなっちゃうかわかんないんだなと思って、
ね、そう思うと本当、やれるときにやっとかなきゃとか、
会えるときに会わなきゃとか、思いますよね。
私も、そういうのあるかなー。
でも、私も基本的に、思い立ったら結構すぐ行動するタイプで、
休みの日とか「あ、ここ行きたい、行こう」とか、こないだのその、比叡山に行ったのも、
あ、滋賀に来る機会もうなかなかないし、みたいな、今行っとかなきゃみたいな、
気持ちで行ったんですけど、
だから、あんまりそういうので、後悔したことはないと思うんですけど、
ね、でも、たぶん、ね、そういう人はたくさんいるだろうな、
勇気がなくて会いに行けないとか。
こないだの個別握手会でも、本当に、たぶんもう最後の機会だからっていって、
申し込みしてくれた人がたくさんいて、初めましての人が、まあ、
いつもの何人かはいるんですけど、今回すごく多くて、
あ、初めまして、初めまして、また初めましてだ、みたいな。
なんか、ね、「今までなかなか来れなかったけど、勇気出して来ました」
みたいな人がたくさんいて、あーなんか会えてよかったなってすごい、私も思いましたし、
あ、私たちの知らないところで、私たちからは見えない場所で、
この人たちが応援してくれてたんだ、みたいな、
なんかね、そういう顔を見れたことが、すごくうれしかったですね。
だからね、もうぜひぜひ、なんだろうなーもう、ファイナルの、
さいたまスーパーアリーナには、ぜひもうみんなに来てほしいなー。
来れる人には。
ちょっとね、さすがに、みなさんの予定もいろいろあるだろうし、なんか、
絶対とは言えないけど、でもね、もし来れるなら来てほしいなって思いますね。
すっごく久しぶりの人とかもいて、あー元気してたんだ、みたいな、
なんかね、それだけでもすごくうれしかったり、しましたね。
でも、今この、抹茶プリンさんのね、「今行かないと次があるとは限らないよ」
っていうこの、メッセージを聞いて、たぶんみなさんも「あっ」て思うところが、
あるんじゃないかなって思うから、ぜひぜひ、チャンスがあったら、
お会いできたらうれしいなと思います。
よろしくお願いします。
ということで、あのころの1ページでした。


音声ブログ

今日のテーマは、「あー卒業式」。
卒業シーズンですね。
なんだか卒業って寂しいよね。
毎日のように一緒に過ごしてきたみんなとのお別れでもあるんだもんね。
私自身、卒業してから全然会えなくなってしまった人もたくさんいるから、
学校ってすごい場所だなって、学生じゃなくなった今、改めて思います。
みんなは元気にやっているんだろうか。
中学の卒業からもう10年だから、そろそろ同窓会とかある時期なのかなー。
久しぶりにみんなに会いたいな。
中学の卒業式のときはぼろぼろに大泣きだったな。
今の親友たち含めて、小学生や幼稚園から一緒だった子ともばらばらになったし、
明日から今までのように会えなくなるんだ、って思ったら、すごく悲しくなりました。
入学のとき、金髪で短髪の女の子がいて、
あーなんかすごい、ちょっと怖い、と思っていた子がいたんですが、
3年間で気がつけば仲良くなっていて、卒業式の合唱のとき、泣いて歌えない私に、
その子が頭をぽんぽんってしてきて、余計号泣した思い出もあるな。
仲良くしてもらえるなんて思ってなかったからな。
今じゃその子は、子供のいるお母さんです。
高校は2年生で転校して通信校に行ったんだけど、
なかなかクラスのみんなが揃うことってなかったから、
卒業式で久しぶりに見かけた人もたくさんいたし、初めて話した人もたくさんいたんですよね。
なので、高校の卒業式はお別れっていうより、出会いの卒業式で、なんだか面白い感覚でした。
この春卒業したみなさんは、どんな卒業式だったかな。
新生活、新たな環境でも、みなさんに素敵な出会いがたくさんありますように。


お便りコーナー その2

℃-ute 矢島舞美がお送りしている、I My Me♡まいみ~。
ここでは、みなさんからのメッセージをご紹介していきましょう。
ラジオネーム、とっちさんより、あ、とっちーさんからいただきました。

『舞美ちゃんこんばんまいみ~』

こんばんまいみ~。

『毎週放送を楽しみに聴いています』

ありがとうございます。

『何度か投稿しましたが、僕は今年入試がありました。
それも、浪人していたので2度目でしたが、
余計に今年で決めなければならないというプレッシャーと不安で、
何度も心が折れそうになりました。
しかしそんなときは、去年からファンになった℃-uteさんの歌を聴いて、
元気や勇気をもらって、最後までやりきることができました。
その結果、第1志望の大学の合格を勝ち取ることができました』

あー、おめでとうございます。

『何より舞美ちゃんのセンター試験の日のブログが本当に僕に力を与えてくれました。
本当にありがとうございました。
これでやっと3月のナルチカの岐阜公演とディナーショーで、
初めて℃-uteさんにお会いすることができます。
緊張しますが、心から楽しみたいと思います。
ちなみに舞美ちゃんにとって、お仕事などで今までの1番の壁はなんでしたか?
また僕が℃-uteさんにお会いできることのように、
壁を乗り越えた後の自分へのご褒美は何か決まっていますか?
教えてほしいです。
それでは3月楽しみにしています』

ありがとうございます。
いやーうれしいですねー。
もう岐阜公演もじゃあ終わってるから来てくれたんですね、初めて会えたんですね。
ありがとうございます。
そっかでも、偉いね、ちゃんとこう、折れずに、第1志望を、頑張り続けたことが、
だからこうやってね、1番行きたかった大学に入れたんだもんね。
本当におめでとうございます。
いやー、じゃあ春から大学生ですね?
頑張ってほしいなー。
いろいろと、入ったことで、また環境も変わりますけども、
でもね、友達たくさん作って、楽しい、自分が学びたいこと学んで、
楽しい時間を過ごしてほしいなと思いますが、
そうですね、私の1番の今までの、1番の壁かー。
℃-uteが5人になったときかなでも。
みんなにとってもそうじゃないかな。
本当に、8人が、1番多くて8人だったんですよ℃-uteって。
8人から5人って本当、今見ても、8人のグループ見ると、おー多いなって思うんですよ、
℃-ute5人だから。
でもそれの逆で、私たちが8人から5人のとき、すーごいなんか少なく感じて、
今までのステージが、同じ大きさに思えないというか、なんかすごいガラーンとしてる感じ?
になっちゃって、「このままじゃまずいね」ってこう、
いろいろスタッフさんとかにも言われて、でもどうしたらいいのかもわからなくなって、
その当時は本当に、なんだろうなー、今みたいにライブやっても、
会場に全然お客さんが入らないみたいな、PA卓っていう、卓があるんですけど、
その前の方にしか入らないとかいう時代もあったので、
あーこのままだと本当にまずいかもみたいな気持ちで、焦ってた部分はありましたけど、
でもね、そう、いろんな大人が、そうやって言ってくれて?
なんだろ、なんかまずいよって、言ってくれたことで、自分たちも、
なんとかしなきゃみたいな気持ちになって、なんかそれも、
自分たちで見つけなきゃ、ねっていう感じだったんで、教えてはくれなかったんで、
自分たちでいろいろ、じゃあこの曲ですごい煽ってみようとか、
なんだろう、今までにやらなかったこと?もすごい、なんだろうな、やるようになって、
そこから、だんだんと変わっていった、気がしますね。
だから本当に、まあなんかすごく、8人から5人になったときは、
試練でもあったんですけど、1番なんだろう、私たちを成長させてくれた時代だったかなって、
思いますね。
出来事だったかなって思います。
でも、そうですね、ご褒美は、でもその分、ちゃんとこうついてきてくれた人がいた?
なんだろうな、それに、ちゃんと頑張ってる姿を見て、応援しなきゃって思ったよ、とか、
言ってこう、どんどん人が集まるようになったりとか、
それが本当にうれしかったし、あ、これでいいんだ、みたいな。
なんか今まで、もう本当、あってんのかあってないのかもわからずに、
やってみようと思ってやったことが、あ、あってたんだ、みたいな、
自信につながったっていうか、はーい、こうやって10何年も続けてこれてますから、
本当に、みなさんには感謝だなと思いますね。
本当にありがとうございます。
ぜひぜひね、とっちさんも、6月までの間に、
たくさんライブやイベント参加していただきたいなと思います。
ありがとうございます。

続いては、ラジオネーム・ヘブンさんからいただきました。

『舞美ちゃんこんばんは』

こんばんは。

『毎週素敵な放送ありがとうございます』

こちらこそです。

『先日のナルチカ富山、そして新潟でのディナーショーに行きました。
とっても楽しい時間でした。
ありがとうございます。
特にディナーショーはスーツで℃-uteのライブを見るのが新鮮で、
大人な℃-uteの雰囲気が素敵でした。
話は変わりますが、舞美ちゃんに質問があります。
℃-uteには「まっさらブルージーンズ」や「JUMP」、「桜チラリ」など、
原曲と、神聖なるバージョンのものがありますよね。
「まっさらブルージーンズ」なんかは、ライブによって原曲だったり、
神聖なるバージョンのときもあったりしますが、
ライブに入れるときの選考基準などあるんですか?
理由があればぜひ聞かせてください』

なるほど。
ね、これ、ヘブンさん実際に握手会に来て、この質問してきた。
(笑)。
だから答えたんですけど、気になってる人がいると思うから、
そうですね、そう、2つのバージョン?
それこそ、原曲だったら、もうちょっとその、元いたメンバーも一緒に歌っていたんですけど、
5人になって、5人バージョンでも新しく出そうみたいな感じで神聖なるバージョンも、
出たんですけど、
そうですね、選ぶときは、イントロとかもちょっとずつアレンジされてたりとかするんですよ。
なので、曲のつながりとか考えたり、あと、例えば、なんだろうな、
フェスで歌いますっていうときは、あー、そのフェスにもよるんですけど、
例えばロックの、そういう、ロックアーティストがたくさん出ますみたいな、
ロック好きのファンがたくさんいますみたいな場所だったら、
そうやって『まっさらブルージーンズ』は、ベースの音がすごい、
好きっていう人がたくさんいるので、あーじゃあ、原曲の方が、
みんな「おおっ」てなるかな、みたいな、のとかもありますし、
そういうアイドルの対バンみたいなときとかは、℃-uteはダンスとかもね、売りにしてたので、
売りにしてるので、その、神聖なるバージョンは、イントロとかね、
間奏もすごい踊るんですよ、ばりばりに。
なので、あーじゃあダンスを見せようっていうんで、そういうのにしたりとか、
あとはこうライブで入れるときは、℃-uteのツアーとかで入れるときは、
その前の曲とのつながり?
前の曲のアウトロから自然に次のイントロに入る感じの、つながりがいい感じ?
で、組んだりしますね。
だから℃-uteでこう決めるときは、その前の曲と、この、次の曲のイントロとアウトロ?
アウトロとイントロをつなげて流してみたりとかしながら、
あ、なんかこれしっくりきたね、みたいな感じで決めたりとか、しますね。
はい、そんな感じで、決めているんです。
はい。
でもそういう風にね、興味を持って、
なかなか、なんだろう、私も人のライブを見て、純粋に楽しむから、
なんか、セットリストってどうやって、決めてるんだろうみたいな考えたことなかったけど、
自分たちでセットリストを考えながら、あるとき、なんか、自分たちもね、
すごい迷ったりするんですよ。
あ、今回は、でも℃-uteをし、なんだろう、
℃-uteをあまり知らない人が集まるようなイベントだと、
やっぱり、なんか、代表曲的なのをやった方がいいのかなーとか、
そういうのすごいみんなと話し合いながら、
「他のアーティストさんたちもこういう風にして決めてんのかな」みたいな、
「どういう基準で決めてんだろうね」みたいな、話をしたこともあって、
あー私も何気なく見てたけど、
たしかにどうやって決めてんだろうってちょっと思ったことあったんですけど、
みなさんの中でもこういう風に、なんかこう、
知りたいと思って聴いてくれてた人がいたんだと思ってちょっとうれしいですね。
ありがとうございます。
そういう感じでなんか、そういうのも考えながらツアーとかも楽しんで、
新たな楽しみを見つけてほしいなと思います。
ということで、今夜もたくさんのメッセージ、ありがとうございました。
来週もどうぞよろしくお願いします。


エンディング

今日もね、なんかその、握手会で初めての方がたくさんいたって話をしてたら、
お便りでも初めての方が、初めての名前の方が、たくさんいて、
あ、お便りもそうなのかなって、
今のうちに送らなきゃって思って送ってくれてる人たくさんいるのかなって思いましたけど、
ね。
なんか今日は、私花粉症がひどくって、声がこんなちょっと鼻声?
みんなちょっと気づくかな、わかるぐらいかな。
ちょっと自分ではね、こう、なんか耳もモコーってなってるから、
自分ではすごい声が変なんだけど、実際のってる音はどうなんでしょうか、
わかんないけど。
もう、ちょこちょこと鼻をかみながらやってます。
花粉症のみなさん、頑張りましょうね。
PR
←No.562No.561No.560No.559No.558No.557No.556No.555No.554No.553No.552
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
ご用件はこちらにご連絡ください。 https://twitter.com/weeeeem
HN:
weeeeem
性別:
男性