忍者ブログ
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

℃-uteのラジオを文字にしています。

(前番組からのパス:工藤遥
「中島さんが1番好きな、かわいいなと思う萩原さんのこんな一面みたいなの、
教えていただけたらなと思います」)


みなさんこんばんは、℃-uteの中島早貴です。
3月になりました、キュートな時間今夜もよろしくお願いします。
ということで、モーニング娘。'17の工藤遥ちゃんからコメントいただきました。
舞ちゃんのかわいいところ、舞の、かわいいところは、結構舞ちゃん、
ツボでかわいいなって思う。
表情の作り方もかわ、あー、わいいし、言葉の使い方とかもかわいいなって思うんですけど、
(笑)、本当にかわいいんだよ。
はい、ということで、今日はですね、こないだ収録、東京タワーで収録しました、
公開収録の模様をお送りしたいと思います。
たぶんねぇ、すっごいにぎやかだと思うから、みなさんちゃーんと聴いててね。
それでは今夜もスタート。
中島早貴の、キュートな時間。

改めましてこんばんは、℃-uteの中島早貴です。
さて、今日はみなさんお待ちかねのあの放送です。
2月27日・月曜日に東京タワー大展望台1階、club333特設ステージで行いました公開収録、
『中島早貴のキュートな時間 もうすぐ春スペシャル!in東京タワー』
の模様をお送りしまーす。
あのねぇ、公開収録の日本当にたくさんの方が遊びに来てくれてて、びっくりしちゃった。
あんなぎゅうぎゅうに、入るものなのですね。
私と、ゲストで来てくれた萩原舞ちゃん?座って収録してたので、
たぶん見えてない方もいたと思うけど、それでも最後までね、聴いてくださってて、
うれしかったです本当に。
わざわざ来てくださってありがとうございます。
あと、公開収録、やるとあれだね、リスナーのみなさんの、その、なんていうの、
ラジオネームと顔が一致するから、すごい楽しかった、言ってて。
あーこの人来てくれてるんだ、とか。
はーい、本当に来てくださってありがとうございます。
ではその模様をお送りする前にね、ハッピーバースデー迎えた方がいるので。
3月4日こぶしファクトリー、藤井梨央ちゃん18歳、
そして3月6日、カントリー・ガールズ嗣永桃子ちゃん25歳、おめでとうございまーす(拍手)。
いやー藤井ちゃん18歳か、早いな。
なんかさ、こぶしファクトリー今舞台やってて、私も出演させてもらったんですけども、
なんかねぇ、藤井ちゃんのお芝居、面白くて好きだなと思ったんですよね。
ちょっと役が、うん、ちょっと、オチ的、オチではないか、ツッコミ、
ちょっと、ちょいボケ的な存在で、
声の発し方がすごいバリエーションが多くて面白いなーって思いながら、見てましたねぇ。
うん。
これからもお芝居、好きだったらやってほしいなと思います。
そしてカントリー・ガールズ、嗣永桃子ちゃん25歳。
ももちゃんが25歳か、早いな。
なんか、うちのリーダーの25歳をお祝いしたときに、
あーリーダーもう25歳か、大人だねって言ったんだけど、
ももちゃんの25歳って、本当に大人だねって思う。
なんかもう、肝座ってるっていうか(笑)、
もう25歳になる準備OKですみたいな感じじゃないですか、
なんか、すごいもういろいろ、考えてるからももちゃんって、
先の先のことまで、人生、自分の人生計画とかね、
なんか年表考えてるから、偉いなーと思いながらいつも見てるので、
うーん、25歳のももちゃんも、ももちゃんらしく、貫いてほしいなって思います。
けど、ね、貫きすぎちゃうっていうか、真面目すぎちゃうとね、
あれ、かたーくなっちゃうと思うんで、たまには、力抜いてほしいなとは思いますけどね。
うん。
でもももちゃんが幸せなら、その人生を歩んでほしいなって思っております。
それではここで、公開収録の模様をお送りする前に、
キュートな時間今日の1曲目をお送りしたいと思います。
2016年に発売しました℃-uteのシングル曲です。
聴いてください、℃-uteで、『人生はSTEP!』。

(℃-ute - 人生はSTEP!)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    1422ラジオ日本 中島早貴のキュートな時間 もうすぐ春スペシャル!in東京タワー
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回もですね、東京タワー大展望台1階、club333特設ステージから、
1時間たっぷりお送りしたいと思います。
みなさん今日は本当にたくさん来てくださってありがとうございます。
めっちゃぎっしりじゃん。
(観客拍手)
こないだの、2年前に、公開収録して、たときよりも来てくれてると思う。
ありがとうございます。
なんかこうやって、公開収録やるよって言うからこうやってたくさん、
来てくれたと思うんですけど、ちゃんと毎週、ラジオ聴いてますか?
(「はい」「聴いてます」)
本当に?あー手上げてない人もいるじゃーん。
聴いてね、ラジオ。
深夜0時30分からだからね。
このオンエアーも、流れますのでね、後々。
なのでみなさんよろしくお願いします。
ということで、今日のキュートな時間は、
『中島早貴のキュートな時間 もうすぐ春スペシャル!in東京タワー』というタイトルで、
スペシャルプログラムでお送りしますが、
みなさんお待ちかねのスペシャルなゲストをさっそく紹介したいと思います。
いっつもおしゃれな℃-uteの萩原舞ちゃんでーす。
(観客拍手)
いぇーい。

(中島:中島早貴、萩原:萩原舞)

萩原「本当だ、すごいいっぱい来てくれてる。
   萩原舞でーす。よろしくお願いしまーす」
中島「お願いしまーす。
   舞ちゃん、この春、楽しみなことはなんですか?」
萩原「え、なんだろう、お花見?」
中島「あ、お花見か、なんだ普通かよ」
(客笑)
萩原「え、何?逆に何がある?」
中島「(笑)」
萩原「春って、何があるかな」
中島「何があるかね。
   まあとりあえず座りますか」
萩原「そうだね。
   なんかナルチカより近いじゃん」
(客笑)
中島「それね。
   なかなかこの距離感ないですよ」
萩原「ないよね」
中島「ね、後ろの方、見えない人もいるよね、ありがとうございます」
萩原「座っちゃったー」
中島「座っちゃっていいよ。
   ではではではでは、こうやって公開収録、していますが、
   舞ちゃんはね、前も公開収録来てくれたよね」
萩原「うん、来た来た。
   ここに来てる感じするもんなんか」
中島「ね。
   前ちょうど誕生日で、2月組が出たんですよね、2年前」
萩原「あ、そうだったかも」
中島「リーダーの矢島舞美ちゃんと、あと来てくれてる萩原舞と私中島早貴で、
   3人でやらせてもらったんですけど、それから2年ですよ」
萩原「ね」
中島「早いねー」
萩原「やばいね。
   舞10代だった」
中島「それね、怖くない?」
萩原「あれ?だよね」
中島「うん、10代でしょ」
萩原「怖い」
中島「怖いよー」
萩原「ねー」
中島「まあ今日はね、こうやって東京タワーで収録してるんですけど、
   今日寒くなかったですか?」
萩原「さ、え?寒いよね」
中島「今日に限って寒かったよね。
   本当に申し訳ないこんな寒い中来てくださってありがとうございます」
萩原「ねー。
   絶対舞より早起きしてくれた人多いと思う」
中島「いやそうだと思う」
萩原「ね」
中島「そうなんですよ、ここ最近の℃-uteはですね、
   ナルチカというライブハウスツアーをやってまして、
   えーと、えーとなんていうの?
   こないだの週末は、盛岡と山形とあと郡山に行ってきたんですよね」
萩原「はい、行ってきました」
中島「はい、だから昨日は郡山で、そっから帰ってきて今日こういう風に、
   収録してるんですけど」
萩原「うんうん」
中島「ね、ナルチカツアーどうですかマイマイ」
萩原「なんか、食べてばっかり」
中島「わかるー」
萩原「だから、ブログとかも、食べてるもの、食べてる話しかしてないんだよね」
中島「そうなんだよね」
萩原「うん。なんか申し訳ない。
   でも載せない、載せたいものがたくさんあるから、載せると、
   なんか舞、旅行行ってるみたいじゃん」
中島「(笑)」
萩原「っていっつも思う」
中島「でもね、こないだの、楽しかった、その盛岡・山形・郡山」
萩原「わかる」
中島「まず盛岡でわんこそばやったんですよ℃-uteみんなで」
萩原「うん」
中島「で、私中島早貴は75杯で止まってしまったんですが、舞ちゃんね」
萩原「100杯!」
中島「すごくないですか」
(観客拍手)
中島「舞ちゃんが100杯食べるなんて」
萩原「わかるわかる」
中島「ね、びっくりだよ」
萩原「もうたぶん食べれないと思う」
中島「そうだね」
萩原「なんか、なんだろうなぁ、なんで食べれたのかがわかんない」
中島「なんか気合い入ってたよねあの瞬間」
萩原「うん」
中島「なんかライブ前にわんこそば食べるってなってたから、
   まあライブ前だし、『まあ30杯ぐらい食べればいいよね』みたいな」
萩原「そうそうそう、てかあんまり頑張るのやめとこうみたいな」
中島「そう、言ったら、ちょっと、
   やってくれるお姉さんたちに失礼な態度しちゃったなみたいな、
   30杯でいいよなぐらいの、気分だったから」
萩原「うんうんうん」
中島「だったんですけど、食べたら食べたで『はいじゃんじゃん』って言われると、
   すごいテンション上がっちゃって(笑)」
萩原「そう!」
中島「食べる食べるだったよね」
萩原「うん、やばかったね」
中島「ね。
   1番多く食べたのはリーダーの矢島舞美ちゃんの132杯ですね」
萩原「うん」
中島「男より食べてんじゃない?」
萩原「だってさーあ、マネージャーさんと同じぐらいだったよね?」
中島「マネージャーさんの方が少なかったんだよむしろ」
萩原「マジ?」
中島「男のマネージャーさんもやってたんだけど、111杯とかだった気がするよ」
萩原「マジか」
中島「うん」
萩原「すごいね矢島舞美」
中島「すごいよねー、よく食べるしよく汗かくし」
萩原「ねぇ~」
中島「ね、よく体追いついてるわなぁ」
萩原「本当に」
中島「風邪もひかないしね、なかなか」
萩原「ね、たしかにね」
中島「無敵だよね」
萩原「無敵だねー」
中島「はーい。そして」
萩原「はい」
中島「最近の℃-uteはそういうナルチカもやってるんですけど、
   あと何やってるかなぁ、ここ最近」
萩原「ナルチカ……」
中島「プライベートで何か、面白いことありました?」
萩原「いやだから、ナルチカをやって、月曜日こう、ぐうたらしちゃうわけ」
中島「(笑)」
萩原「だからいつもの、なんか」
中島「なるほどね」
萩原「ごめんなんかその、会社とか学校ある人には」
中島「(笑)」
萩原「すごい今申し訳ない発言をしちゃったけど」
中島「うん」
萩原「舞の生活リズムは、月曜日めっちゃ休んじゃうの」
中島「ほうほう」
萩原「で、超寝ちゃうのね」
中島「え、どれぐらい寝れるの?」
萩原「え?」
中島「寝て」
萩原「え」
中島「アラームかけなかったら何時まで寝てられる?」
萩原「え、夕方」
中島「(息をのむ)本当に!?」
萩原「うん。
   こうやって、寝て、あ、なんか、昼頃かな、でもいいんだよね、今日は寝て、
   みたいな感じで寝て」
中島「すごいわ」
萩原「うん。
   え、なっきぃは朝逆にすごい早いの、8時とかに全然起きるよね」
中島「私は8時に起きたいの、なんかわかんないけど」
萩原「でもいいことだと思う、損してないよ」
中島「時間がもったいなくないですか?(訛る)もったいなくないですか?(笑)
   なんか、お昼過ぎに起きると、時間を半分無駄にした気分になって、
   なんかすごいね、自分にイライラしちゃうの。
   あーやっちゃった!みたいな」
萩原「あー、スパルタだね」
中島「なんでこんなことしてるわけ!みたいな感じで思っちゃう」
萩原「スパルタ自分に」
中島「いやいや、起きるぐらいですけどね」
萩原「寝れちゃうから、寝ちゃうのねすごい」
中島「へぇー」
萩原「今日も、危なかったわけ」
中島「(笑)」
(客笑)
萩原「マジで。今日本当危なかった」
中島「いや来てくれてよかったよ舞ちゃんファンもいるし」
萩原「いつもさ、月曜日はさ、休むみたいなテンションだったから」
中島「(笑)。
   来てくれただけよかったよ」
萩原「やばいそれ(笑)」
中島「ね」
萩原「こんな、みんな待たせるのやばいよね」
中島「やばいよね」
萩原「うん」
中島「はい、ということで、今日はですね、
   『中島早貴のキュートな時間 もうすぐ春スペシャル!in東京タワー』ということで、
   公開収録をお送りしていますが、ここで、東京タワーさんからのお知らせを、
   読みたいと思います。素敵なお知らせですよ。
   東京でいち早く夜桜が楽しめる、
   『TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA』桜吹雪が舞う!夜桜バージョン投影開始!
   ということで、東京タワー大展望台2階フロアで開催中の3Dマッピングイベント、
   『TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~FUTURE TOKYO TOWER~』で、
   3月1日から、桜をモチーフにした夜桜バージョンの映像を毎日投影します。
   投影期間は4月23日・日曜日まで。
   大展望台までの展望料金だけでお楽しみいただけます。
   夜桜バージョン投影開始時間は、3月12日・日曜日までが、午後6時30分、
   13日・月曜から4月23日・日曜日は、午後7時からスタートし、
   終了は毎日、午後10時50分となっています。
   『TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA』は、『FUTURE TOKYO TOWER』をコンセプトに、
   未来都市東京の風景や、未来の展望台をイメージさせる映像を、
   窓ガラスとフロア床面に投影しています。
   3月1日・水曜日から、現在投影中の6つのコンテンツが夜桜バージョンに変わります。
   リアルな夜景の輝きの中で舞い散る桜吹雪のマッピング映像は必見です。
   東京タワーで一足早く桜を感じてください。
   ということだそうです。
   絶対いいんじゃない?こういうの大好き」
萩原「わかるー」
中島「ね」
萩原「うん」
中島「絶対きれいだよね」
萩原「ね。
   うん、すごいと思う」
(ざわつく)
中島「ね、行きたいわー」
萩原「なんでよー!」
(客笑)
中島「(笑)」
萩原「思ってるよ!
   思ってる!ただ、なっきぃがすごいしゃべってる中、
   舞はどういう反応して聴いたらいいのかなと思ってただけで」
中島「だけで」
萩原「いいなと思ってた本当に」
中島「いや舞でもこういうの好きなんだよ本当に」
萩原「そうだよ」
中島「うん」
(客笑)
萩原「イルミネーション好きだから」
中島「ね」
萩原「うん」
中島「さあ、ということで、ここでですね、
   公開収録でお送りしている中島早貴のキュートな時間、
   今日の1曲目をお送りしたいと思いますが、今日はね、来てくれた人に特別に、
   3月29日に発売される℃-uteのラストシングルからこの曲をいち早く聴いてもらいます。
   聴いてもらう曲はつんくさんが℃-uteの気持ちを歌詞にしてくれました。
   聴いてください、℃-uteで」
中島・萩原「『To Tommorow』」

(℃-ute - To Tommorow)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    1422ラジオ日本 中島早貴のキュートな時間 もうすぐ春スペシャル!in東京タワー
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

中島「℃-uteの中島早貴がお送りしている、中島早貴のキュートな時間。
   東京タワー大展望台1階、club333特設ステージから公開収録でお送りしています。
   ゲストは℃-uteの萩原舞ちゃんです。
   ここからもよろしくお願いしまーす」
萩原「お願いしまーす」
中島「ではでは、今回の公開収録は、キュートな時間の放送や、番組Twitterで事前にね」
萩原「うん」
中島「リスナーのみなさんに、2つのテーマでメッセージを募集してました。
   本当にたくさんのメッセージ来てましたありがとうございます。
   ではここで、ひとつめのテーマにいきたいと思います」
萩原「うん」
中島「みなさんのキュートな時間の思い出、について、
   舞ちゃんと楽しくお話ししていきたいと思いまーす」
萩原「はいー」
中島「ではですね、読みますね」
萩原「(笑)」
中島「えーと」
萩原「なーんか笑ってくる」
中島「(笑)」
(客笑)
中島「なんなんだろうねこの空気感」
萩原「ね、なんか笑ってくる」
中島「はい、読みますよ」
萩原「いいよ」
中島「まずは、三重県ラジオネーム、くまのんあいすさんからいただきました。
   『なっきぃ舞ちゃんこんばんは』」
萩原「こんばんはー」
中島「『キュートな時間の思い出についてのメッセージを募集ということで、
   送らせていただきます。
   長い間続けてくれているので、キュートな時間の思い出はたくさんあります。
   キュートな時間は土曜日深夜の放送なので、
   ライブやイベントでどこかに泊まったときに、聴くことも多いです。
   ホテルだったり知り合いの家だったり、振り返ってみるといろんな場所で聴きました。
   そんな中で1番印象に残ってるのは、しましまバスツアーのとき、
   白樺リゾート池の平で聴いたことです。
   自分の部屋は6人部屋で、自分以外の5人は舞美ちゃんファンでしたが、
   みんなで聴きました。
   バスツアーは1日目にしましまのお2人による出席確認の点呼がありましたが、
   ラジオネームで呼ばれている人もちらほらいて、
   あ、あのラジオネームの人はあんな人だったんだというのがわかったりして、
   面白かったです。
   その日のキュートな時間でも、バスツアーに来てた人のメールが読まれてましたね。
   2日目のなかさんぽのときも、なっきぃとラジオの話をしました。
   楽しかったバスツアーの思い出の中に、キュートな時間も含まれています。
   ℃-uteのメンバーはホテルなどでメンバーのラジオ聴くこととかありますか?』だって。
   ありがとうございます。
   たしかに、そうだよね、聴いてる場所とかでさ、なんか、思い出残るよね」
萩原「そうだねー」
中島「うれしいわー、いっぱい聴いてくれて」
萩原「ね、うれしいね」
中島「うん、ありがとうございます」
萩原「うん」
中島「続きまして、ラジオネームしんさんからいただきました。
   『なっきぃ舞ちゃんおつカレーライス』」
萩原「ライス」
中島「『公開収録楽しんでますか?』」
萩原「はい」
中島「『私も駆けつけるつもりなので、たぶん周りのどこかで楽しんでると思います』
   ありがとう(笑)」
萩原「おお、ありがとう近い!」
(客拍手)
中島「すぐそこにいてくれましたね。
   『さてさて今回はキュートな時間の思い出ということで、メールさせていただきます。
   思い出というと、やはり忘れられないのは、
   自分が送ったメールを初めて読んでもらえたときですね。
   メールを送っているリスナーの方はみんなそうだと思いますが、
   あのときの感動は今でも覚えています。
   私は2013年の5月18日の放送で初めて読んでもらえたのですが、
   そのときは奥さんのお腹の中に娘がいて、なっきぃの名前の早』
   早貴の早の方ですね」
萩原「うん」
中島「『字をもらいたいということを書いてたのですが、それからもう4年近く。
   本当に名前に早の字をもらって、千早と名付けた娘も、3歳になりました』」
萩原「おーすごい」
中島「うーん早い。
   『これまで、合計で9通のメールを読んでもらったのですが』」
萩原「すごい」
中島「『毎週なっきぃの声に癒され、メールの採用に一喜一憂する週末を過ごしてきました。
   そのすべてがキュートな時間の思い出です』
   うわーありがとうございます」
萩原「すごいね」
中島「うれしい」
萩原「いるよね、なんか舞の名前とかさ、使ってくれる人」
中島「ね、子供にね」
萩原「うん」
中島「なんか申し訳なくない?自分のさぁ」
萩原「え、めっちゃ申し訳ないよ、いいの?みたいな」
中島「わかる。
   なんか、その子を幸せになってほしいって思っちゃうよね」
萩原「わかる。
   なんかその名前にしたせいで、なんか、幸せになんなかったら、
   めっちゃ舞のせいじゃんとか思っちゃう」
中島「わかる、なんかちょっとなんか、なんで、意気地なしじゃなくてなんていうの、
   人見知りになっちゃったらどうしようとかさ」
萩原「そうそうそうそうそう」
中島「自分、私のやつがちょっと乗っかったらどうしようみたいな」
萩原「わかるわかる、ちょっとなんか乗り移っちゃったらどうしようみたいなね」
中島「ね。わかるわー」
萩原「ねー」
中島「でもね、幸せになってほしいですわ」
萩原「ねー」
中島「そっか、みんなやっぱ覚えててくれるものなのですね、生まれたときとか。
   うれしいね」
萩原「ねー」
中島「うれしいな。
   私もでも毎回こうやってたくさんのお便りをもらって、こうやって読むの好きなの。
   なんか、いいなって思うお便りって」
萩原「うん、たしかに」
中島「今さぁ、うん、なんか、こうやって、ちゃんと返せる感じがすごいうれしい」
萩原「うんうんうんうん」
中島「はい」
萩原「いいね」
中島「続きまして、いきたいと思います。
   奈良県ラジオネームちむにーさんからいただきました。
   『なっきぃ舞ちゃんこんばんは』」
萩原「こんばんはー」
中島「『去年の夏頃から聴き始めて、もう半年以上も経つことにびっくりしています。
   リスナー歴は長くないのですが、いつも楽しく聴かせてもらっていて、
   この番組がとっても大好きです。
   さて、そんなキュートな時間の思い出ということですが、1番思い出に残ってるのは、
   熊井友理奈ちゃんがゲストの8月のパワーアップウィークです。
   布団に入って枕元にiPhoneを置き、ときどきうとうとしながら聴いていました。
   最後のおやすみなっきぃのコーナーに差し掛かったときです。
   突然、私のラジオネームが聴こえたんです。
   そのときとは今とは違うネームでしたが。
   一瞬にして目が覚め、心臓がドキドキして、
   思わず布団から飛び上がってしまうくらいには驚きました。
   まさか採用してもらえるなんてこれっぽっちも思ってなかったし、
   なんと熊井ちゃんが選んでくれたそうで、
   なっきぃも『こういうの好き』って笑って言ってくれてて、
   すごくすごくうれしかったのを覚えています。
   それが私の初採用メールでした。
   放送が終わってもしばらくドキドキが収まらず、1時間以上寝付けなかったな』」
萩原「へぇー、かわいい」
中島「ね、かわいい。
   『次の日は案の定寝坊してしまいました。
   あれから何回かメールを読んでもらってますが、
   やっぱり読まれるととてもうれしいです。
   キュートな時間これからも長く続くように願っています』
   ありがとうございます」
萩原「うーん」
中島「うれしいなー」
萩原「ねー、うれしいね」
中島「ねー」
萩原「でもなんかわかる、なっきぃのラジオじゃないけど、
   音楽聴きながらこうやってやってうとうとしてるのすごい好き」
中島「え、そこ、取り上げた?」
(客笑)
萩原「そう、(笑)」
中島「今読んでもらえたことがうれしいって言ってくれるならわかるけどさ」
萩原「違う、こうやってやってうとうとして、
   あーなんかいい感じに差し掛かってきたって思うとき?」
中島「うん」
萩原「眠くて」
中島「あー、うん」
萩原「そこに今めっちゃ共感した」
中島「(笑)」
(客笑)
中島「その次を共感してほしかったんだけどね」
萩原「そこめっちゃ共感したな」
中島「なるほどね。
   いやーでもうれしいわ、キュートな時間もこうやって」
萩原「ね」
中島「思い出たくさん送ってくれて」
萩原「でもそうやってたくさん聴いてくれる人がいるから続くんだもんね」
中島「そうですよね」
萩原「すごいね」
中島「うれしいよ」
萩原「やったじゃん」
中島「やったよ、(笑)」
萩原「ね」
中島「私も長くこうやって収録させてもらってますけど」
萩原「うん」
中島「私はねぇ、ゲストで、うちの会社の橋本さん?が来たときすっごい覚えてんの」
萩原「なんかうちも、なんか出たってことだけ知ってる」
中島「(笑)、なんかすっごいノリノリだったわけ」
萩原「うん、想像つく」
中島「なんか、『The Middle Management ~女性中間管理職~』?」
萩原「うん」
中島「出したときに、来てもらったんだけど、
   橋本さんは、音楽を担当してくれてる方で、ハロー!プロジェクトのほとんどをね」
萩原「うん」
中島「で、だから、音楽の話になると、もう、普段テンション高いのに、
   その5倍ぐらいね、テンション高くなるの」
萩原「わかるよ、わかるよ」
中島「し、わからない単語とかめっちゃ使ってくるわけよ」
萩原「うんうんうん」
中島「で、なんかすごい楽しそうだなって思いながら収録してた(笑)」
萩原「なんか舞怒られたよね」
中島「え?」
萩原「あのさぁ」
中島「あーあー」
萩原「℃-uteのさぁ、これ話したことあるかなぁ、どうだろう」
中島「話してみて(笑)」
萩原「これ、アイドル横丁だよね」
中島「そうだね、フェス?」
萩原「初めて、℃-uteがフェスに出たときに」
中島「うん」
萩原「君チャリをね、あれ、アコースティックだっけ」
中島「うん、そうかも」
萩原「なんか」
中島「最初の部分だけアカペラみたいな感じだったね」
萩原「みたいな感じで歌うことにするっていうのを橋本さんに言われて」
中島「はいはい」
萩原「でね、なんか、私たちも子供だったっていうかテンションが無駄に高くって、
   橋本さんがピアノをこうやってやって」
中島「(笑)」
萩原「歌ってんだけどなんか茶化しちゃったんだよね」
中島「(笑)」
萩原「(笑)、橋本さんのことを」
中島「そうそう」
萩原「なんかふざけちゃって、なんか『やんの?』みたいな感じで、
   『わかったよ!』みたいな感じでやってたら、なんか、
   『やんのかやらないのかどっちなんだよ!』って言われて」
中島「急にね」
萩原「『やりまーす』みたいな(笑)」
中島「(笑)。
   急に怒っちゃって、『あー』みたい」
萩原「そう、急に怒ったこともうちらはなんかさ、なんか、
   びっくり笑いみたいになっちゃって」
中島「そうなの(笑)。申し訳ないね」
萩原「そう、今だから言えるけど、そんときね、びっくりしたよね」
中島「びっくりした。
   でも」
萩原「怒っちゃったよ、みたいな」
中島「(笑)。
   怒んなきゃたぶんずっと引きずると思ったんだろうね」
萩原「そうだね、℃-uteそういうとこあるから」
中島「いやー、ね」
萩原「それが思い出だな、橋本さんは」
中島「うん、ですね」

(aiko - 指先)

ラジオ日本をキーステーションにお送りしました、中島早貴のキュートな時間。
今週の放送も、エンディングのお時間になりました。
今週のaikoは、アルバム『BABY』に入っております、『指先』です。
それでは告知にいきたいと思います。
最新シングルのお知らせです。
℃-ute、31枚目のシングル、
『To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises』。
3月29日・水曜日リリースです。
続きまして、楽しかった秋ツアー。
『℃-uteコンサートツアー2016秋~℃OMPASS~』。
3月22日・水曜日、DVDとブルーレイディスク発売しまーす。
そして、さらに、4月から始まるこちら。
『℃-uteコンサートツアー2017春〜℃elebration〜』。
4月1日・土曜日、神奈川県・ハーモニーホール座間大ホールからスタートです。
でもって、楽しいライブのお知らせー。
『ナルチカ2017 ℃-ute』。
次回は4月7日・金曜日、岡山県・CRAZYMAMA KINGDOMです。
ちょっと開くんですよねナルチカ。
でもその間、他にもみなさんにたくさん会えますからね。
でもって、大事なお知らせです。
今年も開催します春のお祭り。
『Hello! Project ひなフェス 2017』。
3月25日・土曜日、26日・日曜日、場所は幕張メッセ国際展示場です。
26日の夜公演は、℃-uteプレミアムとなっています。
そして、『遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA & SATOUMIへ行こう 2017』も開催します。
こちらは入場無料です。
みなさんぜひぜひ遊びに来てください。
でもって、この番組の過去のオンエアー分を、オーディオブック配信サービスFeBeで、
現在有料配信中です。
毎週月曜日配信なので、ぜひぜひチェックしてください。
スマホでも、パソコンでも、聴くことができます。
詳しくは公式サイトをチェックしてください。
ということで、お送りしております、『指先』ですが、これもせつないんですよ。
あのー、ゲストでさ、舞ちゃんが来てくれたじゃないですか、
舞ちゃんにもね、この曲聴かせたいなと思って。
でも、収録のときはね、違う方を、悩んで悩んで違う方を流したんですけど、せつないの。
ここ、ここの一文、『どうして最後の日も私にキスをするの』って、せつなくない?
『これ以上ここに何をあなたは置いていくというの』って、せつなーい、
もうかわいそうそんなことしないであげて!ってすごい思っちゃうねー、(笑)。
では、来週も土曜深夜0時30分です。
中島早貴のキュートな時間、絶対聴いてください。
もちろん、2月27日に東京タワー大展望台1階、club333特設ステージで行いました、
『中島早貴のキュートな時間 もうすぐ春スペシャル!in東京タワー』の模様を、
まだまだたっぷりお送りしますよ。
舞ちゃんとにぎやかーにしゃべってますのでお楽しみにー。
ラジオ日本をお聴きのみなさんは、このあと、Hello! SATOYAMA&SATOUMI Clubです。
今週のナビゲーターは、Juice=Juiceの宮崎由加ちゃんでーす。
では、おやすみなっきぃにいきます。
でれーん。
えー、

『初恋な感じでお願いします』

ラジオネームししまるさんからいただきました。
ほう。
(笑)、あざと!
(笑)。
あざとい、こんなん言われたらちょっとやだわ。
では、それじゃあまた来週、お相手は℃-uteの中島早貴でしたー。
何回も練習したから、大丈夫だと思うけど、噛んじゃったらごめんね。
好きです。
PR
←No.561No.560No.559No.558No.557No.556No.555No.554No.553No.552No.551
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
ご用件はこちらにご連絡ください。 https://twitter.com/weeeeem
HN:
weeeeem
性別:
男性