忍者ブログ
2018.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

℃-uteのラジオを文字にしています。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お便りコーナー その1

改めまして、こんばんは、℃-uteの矢島舞美です。
今夜も、ラジオの前のみなさんと、楽しみながら、お送りしていきたいと思います。
それではみなさんから送られてきた、素敵なメッセージをご紹介していきましょう。
ラジオネーム天体観測さんからいただきました。

『こんばんまいみ~』

こんばんまいみ~。

『2月のテーマは、「我が家の珍事件!」ということで、投稿させていただきます。
これは、2年位前に起こった出来事です。
我が家では猫ちゃんを飼っているのですが、ある日、立て続けに動物を捕まえてきたんです』

わーお。

『その動物とは、スズメ、コウモリ、モグラです』

すごいね猫って。

『結構すごくないですか?
スズメとコウモリは多少はわかるんですが、モグラを捕まえてくるとは思いませんでした。
そもそも庭にモグラがいたんだ、とか、モグラって目がないんだ、とか、
実際は小さいけどある』

あ、そうなんだ。
え、モグラって小さいけどあるんだ。
見えてるのかな。
え。

『いろんな意味を含めてびっくりでした』

えー!なんか、ちょっとゾッとしちゃった今。
モグラを想像しちゃった。
うちの、昔住んでたおうちの庭にもモグラがよく、
ボコボコボコってこうモグラの跡ができてたんですよ、穴が開いて掘って。
だし、たまにモグラを見かけたこともあったんですよ。
一瞬しか見えなかったけど、テレビとかでモグラ見ると、本当なんか、
生まれたての肌って感じじゃないですかあの(笑)、ぶにぶに?
皮一枚みたいな(笑)、結構グロテスクですよね。
昔はね、そんなことなんか思わなかったんだけど、今思うとなんか結構ぞぞっとするなんか。
ふにふにしててなんか破けちゃいそうなんだもん(笑)。
ね、すごいモグラを捕まえてくるなんてね。

『野生の本能がそうさせたんですかね。
スズメをくわえて僕の元まで運んできたときの猫ちゃんのどや顔は今でも忘れられません。
以上、我が家の珍事件でした』

すごい猫ちゃん。
でもねぇ、私、こないだ、まあその、なっきぃがね、中島早貴ちゃんが2月5日誕生日で、
なんか、ルナちゃんの写真を見てたんですよ、なっきぃの、飼い猫ちゃんの。
そこから、なっきぃが、自分のルナちゃんの話をするときに、
すごい仕草がかわいいって言って、最近、猫のこういう仕草はこういう意味があるとか、
そういうのをね、なっきぃが話してたんですよ。
例えばこうふみふみするときは、布団とかをふみふみしてるときは、安心してるときだとか、
なんかそういう話を、なっきぃがよく話してくれてて、
それを、調べてみたんです、『猫の仕草』みたいな。
そしたらね、すごいなんか、猫が愛おしくなって、なんか、
そう、猫が、猫ちゃんって、ずっとこう、そろっそろって飼い主の後をついてってたりとか、
そういうのもすごい愛情表情だし、
あとこうなんか、たまにするんっするんってこう、頭をすり寄せてくるじゃないですか。
ああいうのもね、なんかすごい、自分のものっていう、なんていうの?
マーキング?なんですって。
え、そんななんか自分のものって思ってすりすりしてくんだって思ったら
すごいかわいいなと思ったし、そのね、これも、書いてあってまさに、
ネズミを捕まえて贈り物をするっていうのも、
本当に人が人にプレゼントをあげるのと同じように、
猫もその人に喜んでもらいたいと思って、捕まえてくるんですって。
そう思ったらめっちゃかわいい!と思って、ちょっとね、私だったらなんか、
「え、なんでこんなの持ってくんの」って言っちゃうかもしてないけど、
でも、猫ちゃんが、あーなんか飼い主さん喜んでくれるかなとか思って捕まえてきたなら、
喜んであげなきゃと思いますよね。
いやかわいいな。
でも、すごい。
そう、なんか話には聞いたことあって、てかファンの方とかの、ブログのコメントとかで、
過去にも、『僕の飼い猫がスズメを連れてきたんですよ』みたいな、
話とかをブログのコメントとかに書いてくれてたこともあって、
え、猫ってそんなことするの、っていうかなんで、
スズメってね、なんか、すばしっこいイメージあるじゃないですか。
人間が近寄ってもすぐハッて行くし。
そう思うと猫って本当すごいんだなって、ちょっとびっくりしましたけど、
コウモリだってねぇ、飛んでるものですよね。
どうやって捕まえるのあれ。
ジャンプするんですかね、高い塀に登って。
え、謎。
(笑)。
え、でもすごい。
ね、あとモグラもね。
いやーすごい。
でもたしかにモグラってなかなか見る機会ないから観察したくなるかもしれないですね(笑)。
いやー、面白いなー、猫ちゃんかわいい。
ちょっとね、最近そう、猫の魅力もね、ハマってます。
ありがとうございます。

続いて、ラジオネーム、ニックさんからいただきました。

『やじさんこんばんは』

こんばんは。

『毎週この番組を楽しみにしています。
さて、今回は2月のテーマ「我が家の珍事件!」に投稿します。
我が家には縁があって猫を2匹飼っているのですが、この猫たちは捨て猫ちゃんでした。
そのためか、野生が残っている部分がたくさんあり、楽しませてくれます。
例えば、手に水をつけて、それを舐めるようにして水を飲みます』

あーなるほど。

『これは周りを警戒して水を飲む名残りだそうです』

へぇー。

『そんな猫たちのある日のこと、我が家のベランダにスズメが飛んできたんですよね。
それを見つけた我が家のオス猫が、伏せの状態からスズメに向かって匍匐前進を始めました』

すごーい、ハンターですね。

『スズメまであと2メーターほど近づくと、じーっと見ていました。
しばらくして、スズメが飛び立つ気配を見せた瞬間、
猫がスズメめがけて飛びかかったんですよ。
でも、スズメと猫の間には、ガラス戸とレースのカーテンがあったため、
なんと、我が家の猫はレースカーテンに飛びつく羽目になりました。
そして爪がカーテンに刺さって抜けなくなりました。
そこから抜け出せないから大暴れして、カーテンはビリビリに破けてしまい、
さらに助けようとする私の手を八つ当たりで噛みつくわで大変なことになりました。
そんなことをしてやっとこ抜け出して、サーッとどこかへ逃げ去る我が家の猫なのですが、
今は私の目の前でかまってほしいのか邪魔をしてきます。
やじさんのおうちはワンちゃんが3匹ですね。
おとなしそうなワンちゃんに見えますが、
ワンちゃんたちがやらかしたおうちの破壊事件とかいたずらとかあったら教えてください。
ではでは、この番組が末永く続きますように。
邪魔してくる我が家の猫の写真見てください』

かわいい、写真が一緒に。
これは、白猫ちゃん、すごいきれいな、そして、あーなんか、すごい、美形じゃないですか?
え、こんなの捨てないでよって感じだよね。
えーでもすごくなんかねぇ、写真の撮り方なのかもしれないけどすっごく、大きく見える。
いっぱい食べさせてもらってるのかな。
いいですね幸せそうで、毛並みもきれいだし、つやつやだし、
いやー、たしかに面白いかも猫って、見てて飽きないってそういうことなんだろうな。
ね、今、2つ連続で猫のメール来ましたけど、
最近本当猫ブームっていうのはこういうことなんだろうなー。
なんか、ね、見てて面白いし、話聞いてても、面白いですね。
そう。
私のおうちのワンちゃんたちは、なんかね、もう本当、
トワレは私のワンちゃんだと思ってたのに(笑)、その、コロンとアロマ、
先に飼ってたプードルのワンちゃんは、もう本当、母に懐いてて、
で、そう、飼うときに、トワレを飼うときに、ポメラニアンなんですけど。
ちゃんと、こう、「トワレは舞美がお母さんね」みたいな、お母さんにも言われてて、
「だから一緒に寝てあげてね」みたいな、もうその、コロンとアロマが、
たぶんお母さんがね、トワレをすごいかまいすぎると、ストレス溜めすぎちゃうから、
たぶんお母さんは、コロンとアロマをちゃんと1番にかわいがるって、
決めてるっぽいんですよ。
そう、で、だからトワレはちゃんと私が面倒見てねって言われてたんですよ。
だから寝るときもね、いつもこう、自分が連れてって、自分の部屋で一緒に寝てたのに、
もうなんかねぇ、最近トワレはお父さんにべったりで、私の元を巣立っていったんです(笑)。
悲しい。
そう、あの、でも、完全に、そう、泊まりから帰ってきたときに、
そのね、もう、父の部屋で一緒に寝て、こっちの方が居心地がいいぜ!って思ったのか、
そっからもうね、私のベッドに連れてっても、自分からピョンって下りて、
もうお父さんの部屋に行っちゃうようになって、
しかもね、その、だいたい、お風呂に入るのが、私が最後か、お父さんが最後かなんですよ。
で、私が入ってる間も、よく父はリビングで待っててくれるんですよ。
で、トワレは階段上れないから、母とか、あとコロンとかアロマが2階に上がっても、
自分は上がれないんですよ。
だから、お父さんがいてくれると、1人でリビングで待ってることがないんで、
安心するみたいなんですね。
だからいつも、お父さんとソファーで寝てて、
そうやってね、たぶん居心地のいい存在になったんだと思うんですけど、
だから、なんかひどいの。
最近は、私の部屋で寝てたときに、トワレはちゃーんとおトイレでトイレをするんですけど、
トイレで、ふふ~んをするんですけど(笑)、そう、あの、その場所?
もう私、トワレが私の部屋で寝なくなってから、トイレをね、
私の部屋に置いといてもしょうがないなと思って廊下に置くようにしたんですよ。
なのにたぶん、習慣がそこについてるから、私の部屋にトイレだけしに来るんですよね(笑)。
だからいっつも、トイレがないのに、決まった場所に、おしっことか、うんち、とか(笑)、
落ちてるの。
だし、私それ気づかないで、昨日も(笑)、踏んじゃって、夜中もう(笑)、
私踏んじゃったから、もうお父さんにすんごい夜中だったんですけど、お父さん起こして、
「お父さん!」みたいな「トワレか誰かおしっこした」って、
「歩けないから拭いて!」って言って(笑)、そう、
もうそのままお父さんが「ええっ!?」って言いながら、下からね、
ウェットティッシュ持ってきてくれて、拭いてくれたんですけど、
もうそういうのが最近しょっちゅうで、本当に、大変です。
困ったもんです。
どうしたら、私の部屋をトイレとして使わないでくれるんだろう(笑)。
なんか私の部屋臭くなりそうでちょっと困ってんですよね最近。
そう、それが我が家の珍事件かな。
はい。
猫も犬も、大変ですね。


レッツトライ

リクエスト:2月にやりたいことを早口でたくさん言う

【演技】

映画を4本見る久能山東照宮に行く新垣里沙さんの舞台を見に行くフグを食べに行く、
愛犬をドックランに連れて行く清水佐紀ちゃんとご飯に行く、親友と会う、
録りだめしてたドラマを見る!

(笑)、そんな感じですかね。

【演技後】

今何個言ったと思います?
何秒で言ったかな。
1・2・3・4・5・6・7・8、8個言いました。
おー、10秒ぐらいか。
じゃあ、1.何秒に1個ぐらい言ったんだ、すごーい、いぇーい。
成功、今日のトライは成功じゃないですか?
はい。
いやーいかがでしたでしょうか?
来週もみなさんから送られてきたキャラクターに、挑戦したいと思いますので、
どんどん送ってください。


あのころの1ページ

このお時間は週替わりでお送りしていますが、今日は私たちの曲、
『Singing~あの頃のように~』にちなんだコーナー、あのころの1ページです。
過去、みなさんの身に起こった印象的な出来事、ターニングポイントとなった出来事、
思い出をメッセージとしてお送りしていただき、矢島がゆったりとご紹介していこう、
そんなコーナーです。
今日はですね、ラジオネームあやぽんさんからいただきました。

『舞美ちゃんこんばんは』

こんばんは。

『毎週素敵な放送をありがとうございます。
今回は、あのころの1ページに投稿します。
私がターニングポイントとなった出来事は、中学3年の夏に、
私は、交通事故に遭ったことです。
左足を骨折して、左肘にひびが入って、2ヶ月位入院しました。
その頃進路について考えている時期で、特にやりたいこととか、夢とかなかった私に、
母が、「人をお世話する仕事はどう?今回の恩返しじゃないけど、いい仕事だと思うよ」
と背中を押してくれ、私は福祉の道を歩むことを決めました。
事故に遭ってから10年位経った今、私は介護福祉士として働いています。
思い描いてた世界とは違って大変なことばっかりですが、
日々℃-uteの曲や舞美ちゃんの笑顔で、毎日乗り越えています。
いつもありがとうございます。
昔の自分に恥じないように、これからもこの仕事を続けていきたいと思います』

いい話ですねー。
いやー、そうか事故ねー。
事故で自分が、してもらったことを、誰かにしてあげようっていうのは本当に、素敵ですね。
もう本当困ってる人がたくさんいると思いますし、今はね、本当に高齢化社会でね、
それこそ働く人が少ないから、人手が足りなくて、こう、そういう、ね、お仕事、
もっと助けてほしい人がたくさんいるのに、手が回らないみたいなので困ってる人も、
たくさんいると思いますしね。
だから、その分大変な思い?仕事の量も増えるだろうし、大変かもしれないけど、
やりがいはきっと、あるんでしょうね。
私の身近な人でもそういう介護の、仕事してる人はいて、
やっぱり本当になんかたい、肉体労働、で、本当に大変らしいですけど、
でも、そういう話を聞いてても、すごいなって、なんか、
なんだろう、誰かのために頑張るってすごいなって思いますし、
私の親友も、あの、看護士さんなんですけど、あのね、話を聞いてて本当にすごいって思う。
なんていうんだろうな、なんか、その、まあお仕事は本当に大変そうなんですよ。
もう、お手洗いに行く時間すらないぐらい、で、本当に、え、そんなに大変なんだと思って、
私の想像を遥かに超える大変さだったんですけど、
でも、なんかね、その、おじいちゃんとかのこう、背中とかを拭いてあげたりとかして、
なんかね、そういう人ってもう本当に不安だったりとか、もう、人肌恋しいというか、
寂しい思いをしてる人がたくさんいるらしくて、
なんかそういう人の心も癒してあげられたらいいなみたいな話をしてて、
なーんて素敵な子なんだろうと思って、なんかすごく、心がね、その話を聞いてても、
ぽかぽか、したんですが、ね、きっとあやぽんさんもね、たくさんの人がその、
あやぽんさんのおかげで助けられてると思いますし、救われてるなと思いますので、
ぜひぜひ、お仕事は大変かもしれないんですけども、
私たちのね、曲、だったりとかライブとかで、元気をたくさんあげますので、
はい、お仕事頑張ってほしいなと思います。
はい、すごくかっこいいです。
ありがとうございます。

続いては、ラジオネーム、みゆきさんからいただきました。

『舞美ちゃんこんばんは』

こんばんは。

『初めてメールを出します』

ありがとうございます。

『私のターニングポイントは、なんと、一昨年の舞美ちゃんの誕生日、2月7日です。
そのとき、勤めていた会社を退職する予定だった私は、
上司で憧れていた彼をご飯に誘いました。
そこでなんと彼から告白。
舞美ちゃんの誕生日が、私たちにとって記念日です。
そして今年2年目を迎え、婚約をしました。
来年2月7日に入籍をする予定です。
彼も℃-uteの大ファンで、4月の℃-uteのライブは2人で行きます。
今日は彼から婚約指輪をもらったので、
ターニングポイントである2年前の2月7日を思い返してみました』

すごーい。
え、これは、誘ったのはみゆきさんだけど、告白してきたのは、彼の方からだったんですね。
素敵!
いやーいい話ですね。
しかも、それがたまたま私の誕生日ということで、光栄です。
きっと、みゆきさんがね、『はぁー、恋が叶った』って思ったときに私は、
ファンのみなさんから「お誕生日おめでとう」って言われて「ありがとう!」って、
なってるときだったんでしょうね。
いやーすごいなー。
みんながハッピーな日ですね、2月7日は。
そしてね、婚約指輪をもらったということで、本当におめでとうございます。
もう末永く幸せで、いてほしいなって思いますし、
お互い℃-uteのファン?っていうのなんかすごくうれしい。
そういう趣味が合うパートナーと一緒にいられるっていうのは、いいですよね。
同じ話で盛り上がれるし、共通の話題がたくさんあって、なんかすごく素敵だなって思います。
私もね、その、親友の話なんだけど、すごく、
いや、え、これドラマでしょって思うぐらいな、なんかこう出会いで、
すごいねぇ、こないだねぇ、メンバーにも話したんですけど、
私の親友は、薬局でアルバイトをしてたんですよ。
で、そのときに、もう、面接のとき、まあ、ポニーテール、
髪の毛を結わかなくちゃいけなくて、面接するときに髪の毛をフッて、
結わえて行ったらしいんですけど、
まあ普通に、たぶん高さがある程度高かったのかな、したら、
「あーそれだとねー」って言って、
「ちょっとうちの働いてるおばちゃんたちに言われちゃうかもしれないよ」
って言われたらしくて、あ、そんなに結構厳しいんだと思って、
その子はもうとことん地味でいってやろうって思ったらしくて(笑)、
そう、別にね、出会いとかも求めてないし、もう本当に、
ポニーテールも下で前髪もピッて留めて、あの(笑)、Tシャツも全部インして、
あの(笑)、ズボンも、ちょっとつんつるてんみたいな、で、靴下もシュッと履いて、
本当に地味ですみたいな感じで、行ったらしいんですよ。
おかげですごい先輩たちからすごいかわいがられ、ね、あの、すごい真面目に働く子だし、
てたらしいんですけど、あるとき、あの、まあ震災があったときですね、
棚のものが全部崩れちゃって、それを、まあ起こさなきゃいけないから急に呼びかけが、
呼び出し?がかかって、みんながそのバッて集まってその、
棚を起こしてこう商品を元に戻してみたいな、をしなきゃいけなくて、
それでバッて行ったときに、まあ私服姿を見た、今のその、親友の彼が、
え、こんなにかわいい子だったの、みたいな(笑)、そのギャップ萌えっていうんですか?
それに、まあ一目惚れしたらしく、
そう、しかも、ちょうどね、計画停電っていうのがあったときだったから、
時間帯が被ったらしくて、そのお店にいるスタッフさんたちの何人かにしかこう、
懐中電灯が渡されなかったらしいんですよ。
その親友は、まあ、渡されなかったらしいんですけど、
私なんてまあ渡されないだろうなと思って、こう、1人で不安な中ね、真っ暗な中、
いなきゃいけないんだって思ってたら、その、今の彼の方が、なんか、何かあったら言って、
その人は持ってたらしいんですよ、その、懐中電灯を。
そう、「何かあったら言って、来るから」って言ってくれたらしくて、
それで、私の親友もハァッてなったらしくて、そう、ずっと今まで、もう何年だろうな、
だいぶ長いこと、続いてますね。
そんな、そんな出会いもあるんだと思って、なんか、出会いって素敵ですね。
はーい。
いやーでも本当に、幸せな話を聞くのは、こっちも幸せになります。
一緒にね、これからも応援してほしいなと思います。
よろしくお願いします。
ということで、あのころの1ページでした。
みなさんのターニングポイントとなった経験、お待ちしています。


音声ブログ

今日のテーマは、「先日、こんなところに行ってきました!」。
先日、久能山東照宮に行ってきました!
と言いたいところなんですが、実は今年はまだ行けてないんです。
今年は奇跡的に家族みんなと兄一家の予定も揃って、
みんなでお正月に行く予定だったんですが、ちょうどその頃喉を壊してしまい、
やむなく予定をキャンセル。
さすがにみんなの予定が揃うことはもうなさそうだけど、
それでも毎年行っている久能山東照宮には、今年も行きたいなーと思っています。
いつ行けるかな。
まだ先になりそうだけど、必ず行こう!
他にも、今行きたいところがたくさんあります。
まずは、ドッグラン。
これも、前々から母と言っていたことなんですが、いまだに叶えられていません。
よく脱走するアロマを見ていても、思いっきり外を走らせてあげたいなと思うんです。
他のワンちゃんたちもいるだろうから、うちの子たちがどんな反応をするのか楽しみ!
母と休みが合った日には、愛犬たちをドッグランに連れていこう。
それから2月は、先輩の新垣里沙さんが出演している舞台、
『皆、シンデレラがやりたい。』を見に行きたいな。
新垣さんがLINEをくださって、「面白いからぜひ見に来て」と言ってくれたんです。
タイトルからして面白そうだけど、かなり笑える感じの舞台なのかな。
予定が合ったら見に行きたいです。
気になる映画もたくさんあるし、今行きたいところがたくさんです。


お便りコーナー その2

℃-ute 矢島舞美がお送りしている、I My Me♡まいみ~。
ここでは、みなさんからのメッセージをご紹介していきましょう。
ラジオネームもえちーさんからいただきました。

『大好きで憧れの舞美ちゃんこんばんまいみ~』

こんばんまいみ~。

『今月のテーマ「我が家の珍事件!」にお便りします。
つい最近の話です。
急いで出かける準備をしているとき、突然インターホンがなりました。
普段はインターホンが鳴っても出ないのですが、そのときは慌ててたので、
通話ボタンを押して出てしまったのです。
相手は何かの営業の人で、ちょっと押しが強そうな人でした。
断るのが下手な私は、余計に慌ててしまい、
「すいません、今私出かけてて家にいないんです」と言ってしまいました。
それを言ってしまった後、私は顔面蒼白状態でしたが、相手もかなり動揺している感じで、
しどろもどろになりながらも、「失礼しました」と言って、去っていきました。
この話は我が家の珍事件になり、私にとっては恥ずかしかった思い出のひとつにもなりました。
舞美ちゃんは最近慌ててて失敗してしまったことありますか?
毎日寒いので、風邪ひかないように気をつけてくださいね』

かわいい話ですねこれ。
なんか(笑)、むこうもでもどう返していいかわかんないですよね(笑)。
こんなこと言われたら私だったらどうしよう、営業の、(笑)。
結構面白い(笑)。
結構ね、私のこれ、じわじわ来るやつですね。
でも、なんか、ありそう、そう言いたい気持ちが出ちゃったんでしょうね。
すいません私今家に(笑)、出かけてて家にいない(笑)。
なんか面白い(笑)。
いやでも、すごい、なんか、かわいい。
なんてコメントしたらいいんだろうね(笑)。
あーおかしい。
でも(笑)、あのー、気持ちすごいわかる。
私もね、たまにあるんですよ。
普段、あんま、あ、居留守しっちゃお、みたいな、あんま出ないんですけど、
たまに、あ、しまった押しちゃったみたいな、そういうとき結構あるんですけど、
そう言いたい気持ちにはなります。
さすがに言わないけど。
なんか私以上のものを感じる。
はーい。
いやー面白いな。
でも、たしかにこれはね、珍事件ですね。
むこうもね、なんか、「え、いるじゃん」とは言えないし、「あ、失礼しました」、
でも、今後これ使えばいいんじゃないですか?
みんなたぶん、そうするしかないですよね、
「失礼しました」って帰ってくれるんじゃないですか?
いやー面白いなー。
私最近慌ててて失敗したことはなんかあるかな。
慌ててて?慌ててて?
うん、なんだろなー。
慌ててて失敗したことは、ありました?なんか。

あーそうね、いやー慌てた。
(笑)、慌てました。
すっかりもう自分ではたぶんえ、消したい記憶だったから今浮かんでなかったけど、
今ね、マネージャーさんに言われた。
あの、あれですね、ディナーショーの初日、あのねぇ、初日でたぶん緊張してたんですよ私。
てかあの、ちゃんと、大丈夫かなっていう不安がたぶんどっかにあって、
まず、出だしから、会場名を噛むでしょ、
噛んで言い直したら、自分の名前の自己紹介のくだり忘れるでしょ、
あと、最後の曲が、まだ1曲残ってるのに、
その前の曲で「どうもありがとうございました」とか言って(笑)、
しかも(笑)、「どうもありがとうございました」って私が言うと、
だいたいみんながいつも「ありがとうございました」で終わるんですよ。
みんなついてきてくれるものだと思ったから、
「どうもありがとうございました」「ありがとうございました」まで私、
全部みんなまで言って、あれ?なんでみんなついてこないの?みたいな(笑)、
だったらみんな、「舞美ちゃん退場」って言われて、え、何の話?って思ったら、
「まだ1曲あるでしょ」って言われて、そこでようやく、はぁーしまった!と思って、
またやっちまったーって思ったんですけど、それは結構慌てました。
はい。
そのくだりでですね、
そのあとになんかこう私きっかけでサンキューって言わなきゃいけないところも忘れ、
舞ちゃんがもう、たぶんねぇ、いた人はみんな気づいてないと思うんだけど、
舞ちゃんのもう本当に、機転を利かせてね、舞ちゃんが。
私がたぶん次忘れるんじゃないかってたぶん思ってたらしい、舞美ちゃんテンパってる、
たぶん次のサンキューのきっかけ忘れるって思ってたからずっと見てたらしいんですよ私を。
やっぱりマイク持ってってないって思って、舞ちゃんがサンキューって言ってくれたんです。
すごい。
うちの最年少すごい、(笑)。
いや本当、舞ちゃんってねぇ、そういうとこあるんですよね。
いやもっと反省しろって話ですよね。
いやしてます、すいませんでした。
もうそういうことがないようにディナーショー残りの公演は完璧に、
ちゃんとしっかりやります。
はい。
(笑)。
はい、ありましたね。
お互いに頑張りましょう。
ということで、今夜もたくさんのメッセージ、ありがとうございました。
来週もどうぞよろしくお願いします。


エンディング

はい、今日はね、なんか、いろいろ猫ちゃんの話も、すごい面白かったし、
あ、なんか猫ちゃんってそういうこと本当にするんだ、
と思ってすごい面白かったし興味深かったし、
あとはね、なんかこう、素敵な出会いや、あと、お仕事の話?とかもいろいろあって、
ほっこりした、はい、回でしたね。
本当にどうもありがとうございます。
PR
←No.556No.555No.554No.553No.552No.551No.550No.549No.548No.547No.546
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
ご用件はこちらにご連絡ください。 https://twitter.com/weeeeem
HN:
weeeeem
性別:
男性